「装飾する魂」(鶴岡 真弓)

「装飾する魂」(鶴岡 真弓)

装飾する魂
ある意味において、芸術とは装飾する行為のことである。

そうであるならば、装飾と本質とは本来不可分なものであり、
装飾を理解することが本質の解明につながる。逆もまた、然り。

本書では、古今東西、縄文土器からプッチーニのオペラの演出まで、
あらゆるタイプの「装飾」を紹介・検証。

こういう博物誌的な書物は、僕の大好物である。

本・読書カテゴリの最新記事