「骸骨館」(海野 十三)

「骸骨館」(海野 十三)

おそらく少年向けの、冒険短編小説。

戦後の工場跡を舞台にしているのだが、
そんな記憶はもちろん存在しない自分が読んでも、なぜか懐かしさを感じる。

本・読書カテゴリの最新記事