「厚黒学」(李 宗吾)

「厚黒学」(李 宗吾)

著者の李宗吾は、中国四川省の出身で、
科挙試験に次第して官吏となったが、

腐敗した環境に愛想を尽かして隠遁し、
もっぱら執筆にふけったという、「いかにも」な人。

この書は、清朝末期に刊行され瞬く間にベストセラーとなり、
日本では「厚黒学」は「ずぶとく はらぐろい がく」と訳されている。

タイトルどおり、大物になるためには、ヤワな生き方ではダメで、
何事にも、図太く腹黒く、したたかに物事に当たるべし、という内容である。

中国史上の歴史上人物を例に挙げて、
この人はこうだから成功したとか、ここがダメだったんだとか、
「ずぶとく はらぐろい」をベースに、異色な中国思想史を繰り広げる。

ナンセンスと言ってしまえばそれまでなのだが、
こういう不思議な思想が出てくるところも中国文化の奥深さなのであって、

著者が「ずぶとく はらぐろい」からは程遠かったと評する項羽に対して、
訳者(葉室 早生)は、あとがきにて、日本の楠正成を挙げているのだけれども、
そのスケールの違いたるや、如何ともしがたい。

「厚黒学」という立場から、
中国古代の偉人・賢人・聖人たちを斬っていくさまは痛快でもあるし、
思想の是非はともかくとして、
単に中国史の起伏の激しさを感じ取れるだけでも、まぁ読んでいて楽しい本ではある。

いみじくも訳者があとがきで指摘しているように、
「厚黒学」を具現化した理想的な人物は、毛沢東であったろう。

果たして毛沢東が、この「厚黒学」を読んでいたかどうかは定かではないが、
中国的英雄の古代から近代への変遷を説明する際の、
キーワードたり得る著作であると思う。

本・読書カテゴリの最新記事