「中国名言集 一日一言」(井波 律子)

「中国名言集 一日一言」(井波 律子)

「中国名言集 一日一言」(井波 律子)

 

十代の頃から古文・漢文が好きで、
大学もその道に進んだ。

好きなのは今も変わらないが、
何に惹かれるのかを考えてみると、

ひとつには音律の美しさ。
現代文にはない、韻文的な魅力がある。

でも何よりも大きいのは、その内容の深さだろう。

どちらが良いとか悪いとかではなく、
あきらかに古代人は現代人よりも、人生について考察していた。

現代ならばググれば一瞬で済むことを、
昔の人は何日も何年も深く考え、
さらに先人の書物に答えを求め、

とにかく「考える熱量」という意味では、
現代人の比ではなかった。

だから当然、彼らの書く文章も、
その深さにおいては現代人の比ではない。

それが、僕が古典を愛する最大の理由だ。

特に中国の古典ともなれば、
戦乱にまみれ、王朝が目まぐるしく変わる中を生き抜いた、
知恵と警告に溢れている。

それを「一日一言」として、366のフレーズを、
前後の文脈も含めて紹介している本書は、
まさに人生の指南書と呼んでも過言ではなかろう。

そこで思うのだが、
こういう本を、毎日の通勤時間帯に1日1ページでも読むことによって、
それだけ人生の幅が広がることは間違いないのだが、

でも電車の中の人たちの大半は、
スマホに向かって血眼になっている。

いや、それが悪いとは言うまい。

だけれども、こういう先人たちの「人生の知恵」を、
知らずして人生を過ごすのは、
同じ人生80年がもったいないと思わないのか?

まぁ、思わない人のことはどうでもいいや。

少なくとも、僕はそう思う。
だから毎日コツコツ読書をする。

同じ人生なら、「知る」に越したことはない。

本・読書カテゴリの最新記事