小澤洋介チェロリサイタル(@東京文化会館小ホール)

小澤洋介チェロリサイタル(@東京文化会館小ホール)

・フォーレ「ヴァイオリンソナタ第1番」(チェロ版)
・ブラームス「チェロソナタ第1番」
・ヤナーチェク「おとぎ話」
・ベートーヴェン「チェロソナタ第2番」
ピアノ:鈴木恵子

ご縁があり、聴かせていただいた。

チラシをいただいたときから、とにかくこのプログラムに驚いた。

ヤナーチェクの「おとぎ話」は聴いたことがなかったが、
それ以外に大曲が3曲も。。

演奏については、私が云々語るべき次元ではないので、
とにかく、繊細で表情豊かな名演奏だったとだけ言っておこう。

ここではちょっと音響について触れておきたい。

実は一曲目のフォーレを聴きながら、少しもやもやしていた。

原曲はヴァイオリンなので、
ピアノとの音域の棲み分けができているのだけれども、

ピアノのパートをそのままにしてチェロで弾くと、
ピアノの中音域とチェロの音域が、微妙に重なるせいか、
メロディの輪郭がどうもはっきりしない。

一曲目を聴きながら、ずっとそのことを思っていた。

そして仕切り直しの、ブラームス。
今度は、正真正銘のチェロのための曲である。

うーーん、ここでもやはり同じ現象が。

特に第一楽章で、チェロがC線で弾く主旋律があるのだけれども、
そこがクリアに聴こえてこない。

前から6列目の、正面やや左に座っていたその位置が悪かったのか、

それとももしかしたら、ホールの音響自体にちょっとクセがあるのかなぁ、
生演奏は、数多く聴いてきたけど、今回みたいな消化不良はちょっと初めてかも。

ただ、後半の二曲ではそれほど気にならなかったので、
曲との相性もあるのかもしれない。

ところで、ヤナーチェクとかコダーイとか、
東欧の民族音楽をベースにした作曲家に、チェロの名曲が多いのは、
偶然なのだろうか?
(ドヴォルザークも東欧か・・)

音楽カテゴリの最新記事