古本屋

古本屋

古本屋というものは、その他の商店とは勿論のこと、通常の書肆とも大いに異なる存在である。

一瞬入るのを躊躇わせるような入口があり、一歩足を踏み込んだときに鼻に飛び込んでくるあの独特のにおい、目に飛び込んでくる茶けた色々、
そして一冊を手にしたときの、あのざらっとした触感。

一体この本は、如何なる出自と如何なる所以をもってここに辿り着いたのか。
一冊一冊に、それぞれの重みがある。
そして、本を開いたときの、またあのにおい。

ヌード写真集や大人向け雑誌を積んだコーナーが、「お決まり」のようにあり、
その奥には店主が仙人の如く鎮座している。

今日はじめて入った、事務所の近くの古本屋にも、仙人は、ゐた。

本を二冊買った。

仙人は、お釣りを渡すときに、まるで我が子の旅立ちを見送るかのような、優しい眼をしていた。

雑記カテゴリの最新記事