歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎 展
2010年最後の展覧会見学は、これになった。

歌麿・写楽の魅力を伝えるのではなく、蔦重とは何者か、
を伝えるのがテーマだったと思われるけど、
なんか中途半端。

こまごました作品の展示が多すぎたせいもあるけど、

興味深い主題を料理しきれなかった、
企画サイドの問題だろう。

メディアとしての浮世絵の魅力に、
もっと踏み込んで欲しかった。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です