2014年12月

1/3ページ

diary 2014/12

・2014年12月31日(水) 同じ一か月や一年でも、 長く感じるときもあれば、短く感じることもあり、 時間の絶対性を否定したアインシュタインの理論が、 心情的にもしっくりくる理由はこんなところにもあるのかなと。 今日は2014年最後の日。 ・2014年12月30日(火) 一本だけ長い眉毛は、どのようにして形成されたのかと、 あれこれ考えてみる。 ・2014年12月29日(月) 耳垢をホジリ出す、 […]

  • 2014.12.30

ストレイテナー “The World Record”

個人的には、2014年は、ジャパニーズ・ロックを少し見直した年でもあった。 そのきっかけだったのが、ストレイテナー の“The World Record”。   僕なんかの世代の日本の音楽教育を受けてると、 アフタービートの音楽をやるなんて絶対ムリなんだろうけど、 これからは、日本人のロックもサマになってくるんだろうな。 といっても、ストレイテナーは、僕とあまり変わらない世代だけど。

MAGIC! “Rude”

とにかく、今年は流行った。 どこいっても、これがかかってたイメージ。 でもまぁ、チャラいレゲエだよね。 いや、レゲエはチャラくてなんぼなのか?? でも冷静に考えれば、カナダのバンドがレゲエやるって、 フランス人が歌舞伎やるようなもんでしょ? 最初は珍しいから話題になるけどね、 2015年は厳しいんじゃないかな・・・。 いまのうちに稼いで、次の道へGO!

Sia “Chandelier”

そりゃ、毎日朝から晩まで、アホみたいにFMラジオを聴かされてれば、 最近の曲ぐらい、イヤでも覚えますよ。 しかも自分の場合、仕事よりも音楽の方に注意が向いてしまうので・・。 かといって、「2014年の音楽を総括する!」みたいに風呂敷を広げるわけにはいかないので、 特に気になった曲を、マイペースで紹介しますわ。 2014年といっても、1月とか2月は、もう去年みたいなものだからね、 どう考えても、そり […]

「画図百鬼夜行全画集」(鳥山 石燕)

  本屋で目的の書を買って、さあ帰ろうと思ったら、 目に留まったので、思わず買ってしまった。 妖怪たちの絵図とともに、 石燕による説明も付してあるので、 妖怪データベースとしてはもってこいである。 やはり日本の妖怪というのは、 哀愁というか、もののあはれ、というか、 西洋のモンスターのようには「割り切れない何か」を持っている。 モンスターが「あっち側」の存在なのだとしたら、 妖怪は「こっ […]

「科学者には世界がこう見える」(佐藤 文隆)

  第一線の科学者が書いたエッセイ、という感じかな。 エッセイといっても、気軽に読めるような部分はそれほど多くなく、 どちらかと言えば、「科学一般」的な色が濃い。 それでも、科学と民主主義や、 湯川秀樹をはじめとした、京大研究室のエピソードなど、 科学素人な自分でも興味がもてる内容もあり、 まずまず楽しめた。 ここで書かれているような科学的な視点は、 先進国の国民なら、みんなが持つべきな […]

  • 2014.12.26

再び、芋虫

12月3日の日記で、可哀想な芋虫のことを書いたけれど、 先週の木曜日(12/18)にも、似たような出来事がありまして。 昼間、会社を出ると、前回と同じような場所で、 やはり同じ種類の芋虫がモゾモゾと動いてる。 この日はだいぶ寒かったからか、一生懸命進もうとしているけれど、動きが鈍い。 あの日みたいに、また誰かに踏まれなければいいけど・・・ と思いつつ、夕方、コンビニにコーヒーを買いに出てみると、ま […]

映画「ゴーン・ガール」

感想をひと言で書くなら、「怖い」。 これに尽きる。 実話が元ネタで、原作の小説もかなり有名らしいのだが、 「セブン」のデイヴィッド・フィンチャー監督らしい、サスペンス・スリラーだと思う。 「アルゴ」で完全に一皮剥けた感のあるベン・アフレック演じる、平凡で押しに弱い夫と、 ロザムンド・パイク演じる、美人で才気溢れる妻。 実はこの妻がとんでもない女で、 恐妻を通り越して、最早サイコと呼んでいいレベルに […]

「白蟻」(小栗 虫太郎)

外皮は乾燥しているのに、 ナイフで突けば、じめっとした粘液が沁みだしてきそうな、 そんな虫太郎ワールド全開の本作。 とにかく、気味が悪い。 らい病患者の一族と、事故により肉体的に変貌してしまった夫、 「白蟻に噛まれた」と表現される、奇形児の我が子、 そのような特殊な環境の下で、 病的な妄想と悪魔的な現実が交互に描かれてゆくのだが、 最終的には、完全犯罪を目指す犯罪小説に仕上がっているところが、 さ […]

「円谷プロ全怪獣図鑑」

  生物の進化と造形、なんてことを考えていたら、 あ、ウルトラマンの怪獣があるじゃない!と思い立ち、 amazonで衝動買いしてしまった。 子供の頃、テレビ、映画、おもちゃで、 僕の中には、相当量、ウルトラマンが刷り込まれたはずで、 ページをめくっていると、懐かしさは当然だが、 その造形力にも、あらためて圧倒されてしまう。 ウルトラマンの顔が仏像をベースにしているのは、 疑いのないところ […]

1 3