アンナー・ビルスマ、渡邊順生 著「バッハ・古楽・チェロ アンナー・ビルスマは語る」(アルテスパブリッシング)
チェリストとしてのビルスマを、
好きかと言われると、
全くそうではないのだが、

彼のチェロ、
そして音楽に対する姿勢、
物の考え方など、

演奏の根底にある、
アーティストととしての、
identityのようなものを、

この本から、
感じ取ることができた。

ボウイングの具体的な説明や、
バッハ無伴奏全曲の解説あたりは、

チェロを学ぶ者にとっては、
良かれ悪しかれ必読だと思うし、

特に、アンナ・マクダレーナやボッケリーニへの、
この上ない愛情を語っているくだりは、

天才が天才を語るというか、
対談形式であるからなおさら、
味わい深いものがある。

ビルスマ曰く、
バッハの無伴奏チェロは、
「歌う」のではなく、
「語る」ものであると。

ここを読んだとき、
自分としては、

浄瑠璃や長唄などの、
日本の伝統音楽における、

「語り」と「唄・歌」の関係性について、
つい思いを巡らせてしまった一方で、

楽器の演奏そのものを、
「語る」と表現するのは、

なるほど、と、
唸らされてしまった。

チェロに限らず、
楽器、特に弦楽器を弾く人には、
お薦めしたい一冊。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です