アンソニー・ホロヴィッツ 作「ヨルガオ殺人事件 」(東京創元社)
姉妹作である、
『カササギ殺人事件』については、

自分的評価は、
かなりイマイチだったのだけれども、

セット割引で購入済みだったため、
「ヨルガオ」の方も読んでみたよ。

・・・結果は、
やはりイマイチ。

「カササギ」で、
自分的にNGだった下記の3点、

1.作中作という形式のバランスの悪さ
2.登場人物達が実はゲイでした、
っていう事実が判明することで、
重要な謎が解かれてゆく点
3.主人公女性の一人称視点が、
わざとらしいというか、
なんか不快感がある

これらが、
今作においても同様であったことで、

もう、ダメです、
まともに評価できません。

別にあっと驚くトリックもないし、
ゲイだの不倫だのといった、
陳腐な愛憎劇の中で、
不自然に人が殺されていくだけなので、

本格ミステリーファンは、
果たして納得するのだろうか…。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です