アンソニー・ホロヴィッツ作、「カササギ殺人事件 」(創元推理文庫)
評判のミステリーだったので、
今更ながら読んでみた。

一言で感想を述べるなら、
無駄に長い&雑過ぎ。

(翻訳のせいかもしれないが)
正直自分には、
作家志望の大学生が書いたレベル、
としか感じられなかった。

まぁこれは冒頭で分かることなので、
ネタバレでも何でもないですが、

作品全体としては、
いわゆる「作中作」。

とある作家の書いた、
『カササギ殺人事件』という作品(A)と、

その版元の編集者である主人公が、
その作家の死を巡って奔走する物語(B)との、
二部構成で、

緻密な入れ子構造をしているわけでもなく、
AとBとの関係性をカギとして、
全体は進行するわけだが、

その肝心なAとBとの関係性の描き方が、
実に拙い。
ここがこの作品の生命線なんですけどね。

A、Bそれぞれの内容でいうと、
Aについては、確かにクリスティとの類似点もあるし、
まだ読めるレベルだが、

Bに至っては、
ツッコミどころ満載だし、
とにかく、ディテールが、雑。

とても熟考&推敲して書かれてるとは思えない。

ということで、
かなり辛口になってしまいましたが、

だってもっと良質なミステリーは、
いくらでもありますからねぇ。

Amazonでセールだったので、
続編の『ヨルガオ殺人事件』も購入してしまったので、

読まざるを得ませんが、
まぁ、期待値は下げておこうと思います。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117
One thought on “「カササギ殺人事件 <上><下>」(アンソニー・ホロヴィッツ)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です