小原 嘉明 著「本能―遺伝子に刻まれた驚異の知恵」(中公新書)

著者は本能について、

行動にかかわる組織や器官が、
経験に依存することなしに適切に発生し、
適切に機能して具現する行為

と定義する。

例えば、
蛹から羽化したばかりの蝶は、
誰に教わることもなく、
羽ばたくことができる。

そして「羽ばたく」という行為には、
様々な筋肉が力学的に機能している。

なぜ、それが可能なのか。

その答えである、
遺伝子の働きについて、

実験結果とともに、
本書は明瞭に提示している。

そして本能的な行動の代表は、
「殖える」ことと「食べる」ことであり、

その具体的な事例について、
豊富に紹介しているのも◎。

特に昆虫の世界については、
人間の常識を遥かに越えており、
驚嘆せざるを得ない。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です