ドリヤス工場 作「昭和怪事件案内」(文藝春秋)
昭和の時代を震撼させた、
30の事件について、
漫画で解説した本。

ラインナップは、
こんな感じ。

光文/煙突男/大森銀行ギャング/白木屋火災/忠犬ハチ公/阿部定/恋の樺太逃避行/津山三十人殺し/ひかりごけ/接吻映画/帝銀/下山/金閣寺放火/アナタハンの女王 /太陽族/南極犬タロとジロ/永仁の壺/名張毒ぶどう酒/金嬉老/三億円/よど号/目玉男/グアム島の横井さん/あさま山荘/金大中/ロッキード/口裂け女/グリコ・森永 /エリマキトカゲ/机「9」文字

「接吻映画」とか「エリマキトカゲ」とか、
「口裂け女」とか「太陽族」とか、

事件というよりも、
世相というか、
当時の風俗・流行的なものも含まれるが、

単に事象を解説しているだけではなく、
どのように報道され、
どのように人々に受け止められたのか、

そして事件の裏には、
どのような意味があったのか、

といったあたりにも、
さらりと触れていて、
なかなかセンスが良い。

昭和49年生まれの自分だと、
知ってたのは半分強ぐらいかなぁ。

「金嬉老事件」や「よど号事件」みたいに、
アウトラインは知っていても、
ディテールは知らなかったものが多いので、

個人的には、
かなりアリな一冊だった。

昭和生まれにも、
平成生まれにも、
おススメできる。

それにしても、
いつの間にか、
「昭和」という時代は、

古めかしいものに、
なってしまったんだな。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です