2013年、仏のサスペンス映画「最後の写真」
2013年、仏のサスペンス映画。

うーん、ネタは良いのだけれど、
ヘタにヨーロッパ映画風にこじらせて、

結果として、
訳が分からなくなった感じ。

写真家の主人公が、
人から譲り受けた古いカメラで、
写真を撮ってみたら、

撮影した覚えのない、
女性のヌード写真が現像されてきて、

え?こんなん撮ってないよ?
と思いつつも、

個展を開くことになり、
そこでその写真が大評判に。

あたかも自分が撮影したかのように、
適当に説明をつけて振る舞っていたものの、
それがとある刑事の目に留まる。

刑事いわく、
そのモデルの女性は、
まさにその撮影場所で殺害され、

おそらくその写真は、
殺害直前に撮影されたらしい、
とのこと。

当然、殺人の疑惑が、
主人公に向くこととなり、

彼も真相を暴くべく、
奔走する。

と、ここまでは、
なかなかワクワクの展開なのだが、
後半が意味不明。

突然主人公の写真家が、
精神に異常を来たし、

自分の妻が、
その被害女性に見えるようになったり、

うーーん、よく分からん。

一応、最後は、
犯人も見つかりオチが付くのだが、

細かい部分をロジカルに繋げようとすると、
どうしても破綻している気がする。

ストーリーとしては、
単純なのだろうけれど、

それをごまかすために(?)、
無駄な部分を多くした脚本なのかなぁ。

雰囲気だけの作品だった。

適正価格(劇場換算):1,100円


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です