ジェイソン・ステイサム主演、2023年US/UK合作のスパイアクション映画「オペレーション・フォーチュン」
ジェイソン・ステイサム主演、
2023年US/UK合作の、
スパイアクション映画。

なかなかセンスいいな、
と思ったら、

脚本&監督が、
ガイ・リッチーなのね、
納得。

怪しい裏取引に潜入を試みる、
ジェイソン・ステイサムらの、
スパイ集団。

対抗するのは、
ヒュー・グラント演じる、
怪しい富豪、

そして何故か巻き込まれる、
ジョシュ・ハートネット演じる、
ハリウッド・スター。

ストーリー的には、
正直、「出来の悪い007」って感じで、
それほど褒められたもんじゃないんだけど、

まぁ本家並みに、
海外ロケも頑張っているし、

ジェイソン・ステイサムのアクションも、
キマってる。

でも一番の見所は、
ヒュー・グラント&ジョシュ・ハートネットなんだよね。

前半は、
単なる端役だと思ってた2人が、

ところがどっこい(死語)、
後半、そしてラストまで、
大見得切っての大活躍。

ヘタにシリアスにしたら、
失敗したであろうこの作品に、

絶妙なコメディ色を加えた、
ガイ・リッチーは流石だし、

その演出を活かすためには、
ステイサムのマッチョ演技だけではなくて、

ヒュー・グラント&ジョシュ・ハートネットの、
独特な空気感が必要だったわけですよ。

ヒロイン役も、
なかなかイケてるし、

全編に渡りテンポもよく、
それなりのガイ・リッチー作品には、
なっているかな。

ストーリー後半には、
新たな敵が登場して、
それなりの奥行は持たせているけれども、

最初から予想できたし、
あまり頭は使わずに、
ノリで楽しめれば十分だろう。

ちなみに、作品中で、
(英国人の)ジェイソン・ステイサムが、
「paper」を「パイパー」と発音するなど、

オーストラリア英語(?)が、
所々に使われていたのは、
何でなんだ・・?

敵を前にして、
「発音するとバレる」
みたいなシーンもあったから、

スパイならではの、
偽装工作なのかしら…?

適正価格(劇場換算):1,500円


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です