2018年、カナダのSF・サスペンス映画「パラレル 多次元世界」
2018年、カナダのSF・サスペンス。

男女4人の共同生活。

アパートの壁を突き破ると、
そこに階段が!

登ってみると、
屋根裏部屋があるぅ!

それだけでも、
少年探偵団的な、
ドキドキ・ワクワクで、

ぜひ小林少年にも、
登場願いたいところですが、
どうやら都合がつかず・・・

・・・えっと、
屋根裏部屋に、
怪しい鏡があって、

それを潜ると、
「並行世界(パラレルワールド)」に行けちゃうぜ、

って話です、はい。

ダークマターとか、
並行世界って、

物理学的には、
それなりに大事なキーワードなのですが、

SFとして取り上げられてしまったことで、
なんかチープというか、

むしろインチキ臭い、
印象すらありますよね。

が、「並行宇宙」というのは、
波動関数による、
数学的必然であって、
インチキとはちょっと違います。

あのとき、あぁしてればよかった!

というのは、
誰しも、少なからず思うことですが、

「あのとき、あぁしていた自分」が、
実はいるよ、
というのが、「並行宇宙」です。

つまり、別の生き方をしている自分が、
そこにいる。

屋根裏部屋の、
どこでもドア的な鏡を潜ると、

そんな「もう一人の自分」がいる世界に、
いける、というお話です。

鏡を越えてしまえば、
こちらの世界とは関係ない、
「パラレルワールド」なわけですから、

クレジットカードは悪用するわ、
こちらの世界にない情報は盗むわ、

もう、なんでもアリです。

ただそのうち、
ちょっとしたアクシデントで、

あっちの世界から、
こっちの世界へ、
人を移送せねばならなくなる。

移送された人間は、
さぁ、大変。

いままで住んでいた世界と、
ディテールが全然違う。

私は誰?ここはどこ?
といった感じで、
秘密を暴き始める・・・

とまぁ、要するに、
パラレルワールド間の、
ドタバタ劇ということですが、

最後どうなったのか、
鑑賞後2時間も経っていないのに、

忘れてしまったということは、
それなりだったということでしょう。

最後に、
「並行宇宙」と「多次元世界」は、
物理学的に、まったく違う事象です。

なので、この邦題は、
ナンセンス極まりない。

適正価格(劇場換算):1,200円


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です