福島県立美術館

福島県立美術館

美術館図書館前駅を降り、イチョウ並木をくぐり抜ける。

足元には、橙色をした銀杏がびっしりと連なり、
都会では嗅いだことのないような、
上品な香りを漂わせている。

ピークは終わったけれども、
まだかすかに紅葉を残す信夫山をバックに、
背の低い美術館のフォルムが眼に入ってきた。

美術館を訪問する楽しみは、
ソフト面は勿論だけれども、
ハード面、つまり外観や内装といった、
建築そのものにも存在している。

この美術館は、美しい。

空気が冷たいせいもあったけれども、
凛としていて、でもどこか温かい。
そんな感じだ。

常設展を観ることにした。

日本画や、著名画家(ゴーガン、モネetc.)の洋画は、
概ね予想通り。

それらではなく、
今まで僕に馴染みのなかった画家たちの作品が、
強烈な印象を残してくれた。

レジナルド・マーシュ

これは、レジナルド・マーシュの「回転ブランコ」。

テンペラというのは、
こんな個性的な色合いを出せるのだということを、
初めて知った。

何といっても、テーマの選定と、
絵から伝わってくる躍動感が素晴らしい。

その他にも、アンドリュー・ワイエス、
関根正二といった画家を知ったことは、
大きな収穫だった。

長谷川潔
そして最後に登場した、斎藤清の木版と、
長谷川潔の銅版。

素朴さの中に宿る、美しさ・神秘性というものを、
版画という技法を最大限活用して引き出している。

これはdrawingでは、決して表現できない。

テーマが手法を呼んだのか、
あるいは、手法がテーマを招いたのか。

美術の醍醐味は、ここにもある。

アート・芸術カテゴリの最新記事