「メトロポリタン美術館展」(@東京都美術館)

「メトロポリタン美術館展」(@東京都美術館)

今回の展覧会の「目玉」は、ゴッホの「糸杉」だったようだが、
あまり僕の趣味ではない。

ゴッホは大した芸術家だとは思うが、
優れた画家とは思えない。

絵から滲み出てくる「未練がましい、いやらしさ」みたいなのが、
どうも僕は受け付けない。

今回、僕が出会えて良かったのは、まず、これ。
レンブラントの「フローラ」。

レンブラント フローラ

その他の、彼の著名な肖像画と比べると、
表情の描き込みや陰影のコントラストは弱いが、

スクエアな構図の中で悠然と腕を広げた女神の姿は、
絶妙なバランスで空間をレイアウトしている。

そして何よりも美しいのは、魅力的な横顔だ。

ここまで柔らかみを帯びたレンブラントの作品は、
珍しいのかもしれない。

そして展覧会の終盤、最後に僕の目を惹いたのは、
モネのこの一枚。

モネ マヌポルト

これぞ、絵画の中の絵画、と言いたくなるほどの傑作。

構図の大胆さもさることながら、色合い、ディテール、質感、
どこをとっても完璧だ。

前のベンチに腰掛けて、しばらくこの絵と対峙してみる。

海と空があり、岩がある。

それだけなのだけど、それだけに思わせない。
かといって、「糸杉」のような傲慢さや臆病さもない。

これは、すぐれた芸術家の目によってとらえられ、
すぐれた手によって描かれた「自然」である。

artificial(人工的)なアートと自然の融合が、
ここにあると言っていい。

と思いながら、この展覧会の副題をあらためて振り返ってみると、
「大地、海、空―4000年の美への旅」とある。

なるほど。
そういうことか。

アート・芸術カテゴリの最新記事