「奇跡のクラーク・コレクション」(@三菱一号館美術館)

「奇跡のクラーク・コレクション」(@三菱一号館美術館)

優れた作品には、理由がある

という信念のもと、このブログでも、どこが優れているのかを、
極力具体的に分析するようにしているのだけれども、

優れている理由なんて、どうでもいいじゃん

と思わせてくれるのが、デュフィとルノワール。

そのルノワールをメインとした展示なので、
行かないわけにはいかない。

ルノワールにしては珍しい、
風景画や静物画も非常に興味深かったが、
ルノワールといえば、やはり、人物画。

特に、若い女性を魅力的に描くという点では、
この画家の右に出るものはいない。

奇跡のクラーク・コレクション

解説なしでも楽しめる絵というのは、こういうものだろう。

ルノワールが描く人物には、陰がない。
まさに天真爛漫。

描かれる側の女性からすると、ピカソのように描かれるよりは、
ルノワールのように描かれた方が、嬉しいはずであり、

男性の立場から考えても、
ピカソのようにしか女性を見れないのは悲劇でしかなく、

逆に、ルノワールのように、
常に女性の魅力をクローズアップさせる能力があれば、
そんな人生は幸せに違いない。

アート・芸術カテゴリの最新記事