美人画職人

美人画職人

ふとしたきっかけで、美人画の一番の名手は誰だろうか、と考えてみた。

ルノワール、アングル、歌麿、マネあたりで決めようかなとしていたところ、
ひとり、すごい名手を忘れていることに気付いた。

フランツ・ヴィンターハルター。

典型的な宮廷画家で、まさに美人画職人。

正統な美術史的には微妙な存在なのだろうけど、
ひとつのジャンルで、他の追随を許さないスタイルを確立している、という意味では、
音楽における、ヨハン・シュトラウスに似ている。

 

フランツ・ヴィンターハルター

ちなみに、真ん中の、「バルブ・ド・リムスキー・コルサコフ夫人の肖像」をオルセーで見たときは、
わざわざパリに来た甲斐があったと思いました、本当に。

アート・芸術カテゴリの最新記事