ドラマ

1/5ページ

映画「本当の目的」

2015年の、マケドニア・コソボ合作映画。 バルカン半島近辺の、 日本からは最も馴染みの薄い地域のひとつということもあり、 興味をもって鑑賞した。 売春婦のマリカは、 正当防衛で客を殺してしまい、 列車へと逃げ込む。 そこで同席した女性のヤナを頼り、 ヤナの住む小さな村で過ごすこととなる。 やがてマリカの素性がバレることになるが、 ほぼ同時に、ヤナの過去の秘密も明らかとなり、 暗い過去を背負った女 […]

映画「ある女流作家の罪と罰」

2018年のアメリカ映画。 (失礼ですが極めて客観的に表現すると、) 性格が悪く、アルコール依存症で、 同性愛の、猫好きの、売れない作家の、 51歳の太った女性 による自伝を映画化。 なので、実話ということなのだろう。 主人公のリーは、仕事をクビになり、 途方に暮れていた矢先、 図書館の本に挟まっていた作家の手紙を盗んでしまう。 これが首尾よく売れたため、 「偽造しちゃえばいいんじゃね?」 と思い […]

映画「ザ・タウン」

2010年のアメリカ映画。 ボストンを舞台にしたクライム・アクションだが、 ドラマ的要素も強く、 ベン・アフレックが監督&脚本&主演をつとめている。 ストーリーは極めてシンプル。 ワル4人組が銀行強盗に入り、 そこの女性支店長を人質にとるが、 メンバーの一人(ベン・アフレック)と彼女が、 恋愛関係になってしまい、 ワルから足を洗って、 彼女と共に真っ当な生活に戻ろうとするが、 FBIの捜査の手が伸 […]

映画「パリ、憎しみという名の罠」

2017年のフランス・ベルギー合作による、 クライム・サスペンス。 父から継いだ会社を経営する主人公。 負債が莫大となり会社を畳むが、 「炭酸ガス排出枠」を、 海外のダミー会社を通して売却することで、 脱税による利益を生むことに気づき、 一発逆転に成功する。 公私ともに順調かと思われたが、 汚い金には汚い奴等がたかるもので、 幸せの期間はあっという間に終わり、 再び奈落の底へと落ちることになる…。 […]

映画「孤独なふりした世界で」

2018年のアメリカ映画。 何らかの理由で人類が絶滅し、 少数だけが生き残った世界を描く映画は、 それなりに存在するが、 ウィル・スミス主演の、 あの『アイ・アム・レジェンド』のように、 どうしてもキワモノ系になってしまう印象。 それに対して本作は、 割と落ち着いたテイストの、 大人向けの映画かな。 主人公のデルは、図書館で暮らしながら、 町を一軒ずつまわり、 遺体や遺品の跡片付けをしていた。 そ […]

映画「ゲットバッカーズ」

2014年のアメリカ映画。 うだつの上がらない記者、 すぐカッとなり犯人を銃殺する警官、 売れない若手女優、 出所したばかりの中年女性、 バーボン大好きの神父、 足を洗いたいチンピラたち、 ・・・・・ ・・・ ひとクセある人物たちの物語が、 細切れに描かれていくのだが、 それらが謎の作者による啓発本を媒介にして、 徐々につながっていく、というお話。 コメディ&ヒューマンドラマ的な要素がメインなのだ […]

映画「ブランデッド」

2012年のロシア映画。 各種サイトの紹介やこのジャケ写のせいで、 「SF」だと捉えられるのかもしれないけれど、 僕的には、 この映画には「Science」の要素がないので、 少なくとも「SF」ではなく、 社会派のサスペンス&ドラマ、 という感じかな、と。 内容は結構ユニークで、 人の欲求が「広告」にコントロールされている、 ということを、ストレートに描いている。 まぁ、映画作品として稚拙な部分は […]

映画「ザ・ワーズ 盗まれた人生」

2012年のアメリカ映画。 「盗作された小説」をネタにしたサスペンス調のドラマで、 ストーリーが三重構成(?)になっているため、 ちょっと紹介が面倒だが、トライしてみるか。 A.現在時制 小説家のクレイは、小説「The words」で人気作家に。 その販売イベントで朗読を行うが、 その内容とは次のようなものだった。 B.「The words」内の世界 ローリーは小説家を目指しているが、 なかなかう […]

映画「マージン・コール」

2011年のアメリカ映画。 投資会社の最悪の1日を描いた金融ドラマで、 リーマン・ショックを題材にしているらしい。 とある投資会社では、 定期的に社員の大量解雇を行っていた。 この日解雇されることになった、 リスク管理部門のエリックは、 去り際に、大事なデータの入ったUSBメモリーを、 部下のピーターに託す。 そのデータをピーターが解析したところ、 自社の保有する投資商品が、 間もなく大損失を生む […]

映画「マダムのおかしな晩餐会」

2016年のフランス映画。 パリにある富豪の邸宅で催された食事会。 出席人数が13人では縁起が悪いというので、 急遽、メイドがスペイン貴族の末裔のフリをして出席させられる。 ワインがおいしくて、 「喋りすぎない」「飲み過ぎない」「食べ過ぎない」 という女主人の言い付けを破り、メイドは暴走してしまい、 あやうく食事会が台無しになる。 ここまでが前半。 後半は、その食事会の場でメイドに一目惚れしてしま […]

1 5