「駅名で読む 江戸・東京」(大石 学)

「駅名で読む 江戸・東京」(大石 学)

「駅名で読む 江戸・東京」(大石 学)

 

ふらっと本屋に立ち寄ったときに、
特に読みたいわけでもなかったけれど、まぁこれもついでに、、という感じで買った本。

何かここ数年、この手の本がすごく多くて、このブログでも結構紹介してきた。

これも別に目新しいわけでもなく、
ごく一般的な、どちらかというとお堅い、地名のルーツを探る本。

ただ確かに、駅名という着眼点は鋭くて、
市区町村合併などで、地名として消えてしまったものでも、
駅名としては残っている場合も多い。

あまり詳しくはないけれど、
駅名というのはそんなにコロコロと変わるものではないのだろう。

「向ヶ丘遊園」とか「都立大学」とか、
御本尊がなくなってしまっても駅名はそのままである。

この本では取り上げられていなけれども、
東京の地下鉄には、新宿三丁目、四谷三丁目、本郷三丁目、志村三丁目、と、
なぜか「三丁目」が付く駅名が多かったり、
駅名についてあれこれ考えると、結構暇つぶしになる。

※これは余談だけれど、先日飯田橋駅のホームで、小学生ぐらいの子が母親に、
「いいだばしがあるってことは、わるいだばしもあるの?」と聞いていた。
なかなかの発想である。

今回読んでみて、なるほどと思った駅名は、
越中島、羽村、小平、芦花公園、など。

行政がセンスのないネーミングを乱発するのは避けられそうにないから、
せめて駅名ぐらいは、昔の名残をとどめておいてほしいと思う。

本・読書カテゴリの最新記事