バロック美術

「ルーベンス展ーバロックの誕生」(@国立西洋美術館)

フェルメール、レンブラント、カラヴァッジオ、ベラスケス、 そしてルーベンス。 絵画の黄金時代は、やはりバロックだなぁと思う。 ルネサンスの伝統を引き継ぎながらも、 題材も構図もよりドラマチックになっており、 それは今回のルーベンスの作品群を観ても、一目瞭然である。 さて、今回の展示の見所を一言で表すならば、 「目は口ほどに物を言う」。 複数の人物が描かれた作品において、 何もかもよく出来ているのに […]

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」(@国立西洋美術館)

僕が絵画の見方を学んだのは、名画中の名画ともいわれる「ラス・メニーナス」だ。 だから、ディエゴ・ベラスケスにはちょっとした思い入れがある。 彼の作品7点の他、ルーベンス、ムリーリョなど、 見所満載の満足度の高い展覧会だった。 まずはベラスケスの「マルス」。   軍神がなぜベッドにいるのか?ということに意味を見つけるような鑑賞の仕方は、 個人的にはあまり好きではない。 この絵における何より […]

「カラヴァッジョ展」(@国立西洋美術館)

まるで映画の主人公のような波乱の生涯を送り、 38歳の若さでこの世を去った、天才画家・カラヴァッジョ。 その人生もさることながら、とにかく、絵がカッコイイ。 そして、物語を背景に潜ませた人物画こそが、 この画家の真骨頂だと思うわけで、 そこにカラバッジョの代名詞ともいえる「光と闇のコントラスト」が加えられることで、 視覚的にも解釈的にも、劇的な奥行が生じてくる。 さて、今回の展示作品の中で、まず第 […]

「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」(@森アーツセンターギャラリー)

国立新美術館で「大原美術館展」を観た帰り、 せっかく六本木に来たので、こちらの展示にも足を運ぶことにしてみた。 そもそも、六本木という街が気マズイ。 20代~30代前半にかけて、西麻布に住んで、六本木ヒルズに勤務して、 そしてこの街に散財して・・・ そういう、あまりよろしくない思い出が多いので、 なるべくこの街には近づきたくないのである。 国立新美術館は、まだ六本木の外れではあるが、 こちらは六本 […]

「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」(@Bunakamuraザ・ミュージアム)

「バロック」というと、音楽史的には、創生期にあたるが、 美術史的には、爛熟期である。 元の語義からすると、美術史における使い方のほうが正しいわけで、 単に同じ時代だからというだけで、音楽史側が、同じ呼称を使うことにした。 美術と音楽とでは、文化としての成熟のペースが、まったく異なる。 だからこれら双方のある時期を、「バロック」のような共通の呼称で統一するのは、 かなり無理があるし、混乱の元だ。 要 […]

「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」(@国立西洋美術館)

レンブラントといえば、劇的なまでの明暗のコントラスト。 でもそれはカラヴァッジョで十分だし、それにレンブラントの描く人物には、残念なことに魅力が乏しい。 今回の目当ては、版画。それも肖像画や宗教画のようなドラマチックな要素を必要としない風景画である。 予想通り、白と黒の濃淡だけで表現されたレンブラントの風景画(特に「3本の木」)は美しかった。 同じモノクロームでも、東洋の水墨画とは全然違う世界を見 […]