アクション

1/7ページ

映画「アドレナリン」

GW最後の映画鑑賞は、 ジェイソン・ステイサムにしようと決めてた。 ちょっとコメディ色が強くて、 若干期待ハズレだったけれども、 楽しめるっちゃ、楽しめる。 気絶している間に、 中国製の合成毒を打たれた主人公。 その毒は解毒剤がない代わりに、 常にぶっ飛び続けて、 アドレナリンを出し続ければ、 延命できるとのこと。 そうと分かれば、 自分に毒を打った奴に、 復讐しにいくでしょ、ってことで、 ジェイ […]

映画「レザボア・ドッグス」

クエンティン・タランティーノ監督デビュー作の、 1991年のUS映画。 ストーリーとしては、 よくあるやつで、 寄せ集めのチンピラ集団が、 宝石店を襲撃するが、 すぐに警察に包囲され、失敗。 命からがら逃れたメンバーは、 仲間内に裏切り者がいたに違いない、 とお互いを疑い出し、 人質に取った警官を含めて、 血みどろの争いへと発展する、 というお話。 仲間内に潜入捜査官がいる、 という設定をもっと利 […]

映画「Mr.ノーバディ」

2021年、米のアクション映画。 平和な家庭を築く、 平凡な会社員男性。 …のはずが、 強盗に家に入られ、 バスでチンピラと渡り合い、 って事態となり、 実は平凡どころか、 「無敵」の男! だということが判明する。 そこからはもう、 ひたすら突き進んで、 ロシアン・マフィアを壊滅させるという、 いやー、ストーリーはないけれど、 とにかく痛快・爽快。 僕みたいなおっさん世代は、 ぜひこれを観て、 「 […]

映画「キングスマン:ファースト・エージェント」

言わずと知れた、 英国スパイ・アクションシリーズの3作目。 「キングスマン」という秘密組織の成り立ちを、 過去に遡って描く。 前2作のような、 派手さはないにせよ、 第一次世界大戦前夜を舞台にした、 英露独をめぐるやり取りと、 参戦を迷う米、 という歴史事実をベースに、 そこに暗躍する悪の組織と、 それを食い止めようとする、 その後の「キングスマン」達の活躍を、 英国風の品の良さと、 適度なエグさ […]

映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドも、 正真正銘の、これが見納め。 新型コロナにより、 世界中での公開が遅れに遅れたうえに、 公開後も、 自分はどうも劇場に足を運ぶ気になれず、 ようやく自宅で鑑賞。 クレイグ・ボンド1作めとなる、 『カジノ・ロワイヤル』から、 もう15年も経つのか。。 その間に起きたこととか、 あの作品は誰と観に行ったとか、 思い出すとなかなか感慨深い。 さて今作は、 過去作 […]

映画「10ミニッツ」

2019年、米のアクション映画。 デブのおっさんがひたすら走り回り、 無駄な銃撃シーンばっかりで、 内容スカスカのハズレ映画。 主人公兄弟含めた5人が、 ボス(ブルース・ウィリス)に命じられ、 銀行の金庫から宝石を盗み出す。 計画通り盗み出しいざ脱出、 というときに警報が鳴り響き、 警察との銃撃戦に。 主人公兄弟は宝石を持って、 なんとかその場を逃れるが、 逃走途中で何者かに頭を殴られ、 兄は気絶 […]

映画「キャッシュトラック」

2021年最後の映画鑑賞は、 ガイ・リッチー×ジェイソン・ステイサムの、 ちょっと重めのアクション作品。 現金輸送車を襲った強盗に、 息子の命を奪われた主人公が、 自身が現金輸送車の警備会社に勤め、 犯人集団と対決する、という話。 これ系の映画だと、 大抵、主人公がめちゃ強くて、 水戸黄門バリに悪を懲らしめる、 というパターンが王道なのですが、 そこは、ガイ・リッチー監督、 そう簡単には溜飲を下げ […]

映画「Mr.&Ms.スティーラー」

2019年のアメリカ映画。 「スタイリッシュな泥棒」という、 定番ネタにもかかわらず、 見事に失敗。 とにかくストーリーが退屈すぎて、 3度ほど寝落ちした。 盗みや詐欺の鮮やかなテクニックが、 披露されるわけでもないし、 キャストが魅力的なわけでもないし、 まぁ、見た目のイイ男女を泥棒にしておけば、 それなりに観れるだろうという、 製作側のテキトー感が、 見えてしまう作品。 適正価格(劇場換算): […]

映画「テイカーズ」

2010年アメリカのクライム・アクション。 強盗グループと、 それを追う警官2人組の闘いを描く。 銀行強盗を終えたのも束の間、 強盗グループの前に、 前の作戦にしくじって投獄された、 かつての仲間が現れ、 デカいヤマを持ちかける。 奴は信用できるのか? 作戦は上手くいくのか? 緊張感漂う中、 警官たちもじわじわと、 彼らを追い詰める、、 というお話。 ただのドンパチ映画というよりも、 強盗、警官、 […]

映画「ビトレイヤー」

2013年英国製作の、 クライム・アクション。 いやぁ、マーク・ストロングが、 カッコ良すぎて、 この人が本気でアクションやり始めたら、 同系のジェイソン・ステイサムの立場が、 心配になる…。 犯罪者(マーク・ストロング)と、 それを追う刑事(ジェームズ・マカヴォイ)の、 因縁の対決。 でも実は、背後には、 二人に共通の巨大な悪が、 あることが分かり、 いつしか二人は協力して、 その悪に立ち向かう […]

1 7