アクション

1/5ページ

映画「セブン・サイコパス」

2012年イギリス発の、 ややコメディ要素を含んだアクション・スリラー。 コリン・ファレル、クリストファー・ウォーケン、 オルガ・キュリレンコといった、 なかなかのキャスティングでありながらも、 一言で評するならば、「スベってる」。 残虐シーン多めで内容はイマイチという、 まさにタランティーノ風といった感じか。 一応、ストーリーを紹介すると、 「セブン・サイコパス」という、 映画の脚本を手掛けるこ […]

映画「スパイ・ミッション シリアの陰謀」

2017年のイギリス映画。 シリアの首都ダマスカスを舞台にした、 イスラエルのスパイの活躍を描くという、 かなり異色の作品。 スパイ映画といっても、 あのシリーズやあのシリーズのように、 非現実的なスパイ・グッズが出てくるわけでもなく、 また物語の時代設定も、 ベルリンの壁崩壊時ということで、 ケータイはおろか、 インターネットすら出てこず、 昔ながらというか、 ある意味かなり硬派な出来となってい […]

映画「ブラッド・ファーザー」

2016年のフランス映画。 ワルい奴らから身を守るために、 父と娘が命がけの逃避行を続ける、 という単純なストーリーなのだけど、 父親役を演じるメル・ギブソンが、 あの『リーサル・ウェポン』を彷彿とさせる熱血漢ぶりでイイ! やっぱりこの人は、 シリアスな役よりもこういう脳筋的オヤジ役が、 ピッタリですな。 ゴダールの『勝手にしやがれ』をはじめとして、 逃避行モノの多くは恋人同士が主役だと思うのだけ […]

映画「マスター・プラン」

1994年のスウェーデン映画。 自動車泥棒のチャールズは、 ある日、ふと見かけたジャガーの新車を、 計画はしていなかったが、盗むこととなる。 ところが、それはとある銀行の女頭取の車で、 車内にあった、銀行の秘密情報満載のPCのために、 相棒が殺されてしまう。 復讐を決めたチャールズは、 銀行の秘密の暴露と、金庫にある大金を盗み出すために、 詐欺・金庫破り・爆破、それぞれにおけるプロ達を仲間に誘い、 […]

映画「トゥー・ラビッツ」

2011年のブラジル映画。 いやぁ、好きだなぁ、こういう映画! もう一回言おう、 好きだなぁ、こういう映画! 関係なさそうに見える登場人物たちのストーリーが、 とある事件を核としてつながってくるというのが、 ソダーバーグっぽくて、 しかも要所要所にドンデン返しが埋め込まれているという、 久々に脚本に痺れた。 『ユージュアル・サスペクツ』『LA.コンフィデンシャル』『ディパーテッド』 このあたりを好 […]

映画「ハード・ラッシュ」

2012年のアメリカ映画。 原題は「Contraband(密輸)」なのだが、 ちょっと馴染みのない単語なので、 いかにも和製英語な邦題になったと思われる。 かつて腕利きの運び屋だったクリス(マーク・ウォールバーグ)は、 義理の弟のミスで家族が命を狙われることとなり、 一度だけ運び屋として復活することとなる。 船に乗り込んでいろいろと細工をし、 いざパナマに着いてみたが、 受け取るはずの偽札の出来が […]

映画「Black&White/ブラック&ホワイト」

年に数回訪れる、「バーボン飲みたい症候群」と重なったので、 軽そ~な映画をチョイスしてみたら、 これが大正解。 ※ただし、バーボンは軽い酒ではない。 ラブ・コメディとスパイ・アクションを足して3で割ったような、 今までありそうでなかった作品。 クリス・パインは、最近のスタートレックシリーズでお馴染みの、 言わずと知れたイケメン。 (「デカい船の船長だ」と言っているのは、そのことか?) その相棒役の […]

映画「ミッドナイト・ガイズ」

ジジイどものカッコ良さに痺れる、 2012年のアメリカ映画。 感動ドラマ寄りのアクションなのだけれど、 シリアスになりすぎず、コメディ要素も強いので、 テンポ良く鑑賞できる。 28年ぶりに刑務所から出所したヴァル(アル・パチーノ)を迎えたのは、 唯一の友人で、昔のワル仲間でもあるドク(クリストファー・ウォーケン)。 実はドクは、翌朝までにヴァルを始末するようにと、 かつてのボスから命令されていたの […]

映画「ガンズ・アンド・ギャンブラー」

クリスチャン・スレイター演じる主人公が、 カジノで負けて、 眼が覚めたら、「盗まれたマスク」をめぐって、 先住民やら金持ちやら、謎の美女に命を狙われる、 というお話。 最後の最後でのドンデン返しはちょっと意外だったけれど、 如何せん、途中が退屈すぎる。 せっかくゲイリー・オールドマンをキャスティングしているのに、 ほとんど見せ場もないし。 敢えて見所といえば、 ポーの詩をつぶやきながら、要所要所で […]

映画「デンジャラス・ラン」

2012年のアメリカ・南アフリカ合作映画。 ライアン・レイノルズ演じるCIA若手職員のマットは、 隠れ家の留守番をする、いわゆる「客室係」で、 退屈な仕事を抜け出したいと思っていた。 そこに、元CIA捜査官で、 指名手配中の大物犯罪者である、デンゼル・ワシントン演じるトビンが、 取り調べのために護送されてくる。 取り調べの最中に、 トビンを狙う謎の武装集団に襲われ、 マットはトビンを連れて隠れ家を […]

1 5