アクション

1/5ページ

映画「ジョニー・イングリッシュ」

お馴染みMr.ビーンこと、 ローワン・アトキンソン主演の、 「007」シリーズをネタにしたパロディ。 2作目・3作目は、既にこのブログでも紹介済みで、 これは第1作目。 うん、細部まで凝ってるし、 よく出来てますよね。 ストーリーとしてはちょっと重たくて、 フランスの富豪が英国王になろうとするのを、 阻止するという話なんだけど、 世界史の授業で習った方も多いとは思いますが、 ヨーロッパの王室という […]

映画「ザ・タウン」

2010年のアメリカ映画。 ボストンを舞台にしたクライム・アクションだが、 ドラマ的要素も強く、 ベン・アフレックが監督&脚本&主演をつとめている。 ストーリーは極めてシンプル。 ワル4人組が銀行強盗に入り、 そこの女性支店長を人質にとるが、 メンバーの一人(ベン・アフレック)と彼女が、 恋愛関係になってしまい、 ワルから足を洗って、 彼女と共に真っ当な生活に戻ろうとするが、 FBIの捜査の手が伸 […]

映画「マイル22」

2018年のアメリカ映画。 マーク・ウォールバーグは、 最近割と見応えのある俳優になってきたと思い、 期待して見たのだが、結果はハズレ。 そもそもストーリー(特に前半)が、 ゴチャゴチャしすぎていてよく分からんのだが、 ざっとアウトラインを説明すると、 東南アジアのとある国の警官が、 アメリカへの亡命と引き換えに、 大量兵器に関する情報を開示するということになり、 主人公たちの特殊部隊(?)が、 […]

映画「セブン・サイコパス」

2012年イギリス発の、 ややコメディ要素を含んだアクション・スリラー。 コリン・ファレル、クリストファー・ウォーケン、 オルガ・キュリレンコといった、 なかなかのキャスティングでありながらも、 一言で評するならば、「スベってる」。 残虐シーン多めで内容はイマイチという、 まさにタランティーノ風といった感じか。 一応、ストーリーを紹介すると、 「セブン・サイコパス」という、 映画の脚本を手掛けるこ […]

映画「スパイ・ミッション シリアの陰謀」

2017年のイギリス映画。 シリアの首都ダマスカスを舞台にした、 イスラエルのスパイの活躍を描くという、 かなり異色の作品。 スパイ映画といっても、 あのシリーズやあのシリーズのように、 非現実的なスパイ・グッズが出てくるわけでもなく、 また物語の時代設定も、 ベルリンの壁崩壊時ということで、 ケータイはおろか、 インターネットすら出てこず、 昔ながらというか、 ある意味かなり硬派な出来となってい […]

映画「ブラッド・ファーザー」

2016年のフランス映画。 ワルい奴らから身を守るために、 父と娘が命がけの逃避行を続ける、 という単純なストーリーなのだけど、 父親役を演じるメル・ギブソンが、 あの『リーサル・ウェポン』を彷彿とさせる熱血漢ぶりでイイ! やっぱりこの人は、 シリアスな役よりもこういう脳筋的オヤジ役が、 ピッタリですな。 ゴダールの『勝手にしやがれ』をはじめとして、 逃避行モノの多くは恋人同士が主役だと思うのだけ […]

映画「マスター・プラン」

1994年のスウェーデン映画。 自動車泥棒のチャールズは、 ある日、ふと見かけたジャガーの新車を、 計画はしていなかったが、盗むこととなる。 ところが、それはとある銀行の女頭取の車で、 車内にあった、銀行の秘密情報満載のPCのために、 相棒が殺されてしまう。 復讐を決めたチャールズは、 銀行の秘密の暴露と、金庫にある大金を盗み出すために、 詐欺・金庫破り・爆破、それぞれにおけるプロ達を仲間に誘い、 […]

映画「トゥー・ラビッツ」

2011年のブラジル映画。 いやぁ、好きだなぁ、こういう映画! もう一回言おう、 好きだなぁ、こういう映画! 関係なさそうに見える登場人物たちのストーリーが、 とある事件を核としてつながってくるというのが、 ソダーバーグっぽくて、 しかも要所要所にドンデン返しが埋め込まれているという、 久々に脚本に痺れた。 『ユージュアル・サスペクツ』『LA.コンフィデンシャル』『ディパーテッド』 このあたりを好 […]

映画「ハード・ラッシュ」

2012年のアメリカ映画。 原題は「Contraband(密輸)」なのだが、 ちょっと馴染みのない単語なので、 いかにも和製英語な邦題になったと思われる。 かつて腕利きの運び屋だったクリス(マーク・ウォールバーグ)は、 義理の弟のミスで家族が命を狙われることとなり、 一度だけ運び屋として復活することとなる。 船に乗り込んでいろいろと細工をし、 いざパナマに着いてみたが、 受け取るはずの偽札の出来が […]

映画「Black&White/ブラック&ホワイト」

年に数回訪れる、「バーボン飲みたい症候群」と重なったので、 軽そ~な映画をチョイスしてみたら、 これが大正解。 ※ただし、バーボンは軽い酒ではない。 ラブ・コメディとスパイ・アクションを足して3で割ったような、 今までありそうでなかった作品。 クリス・パインは、最近のスタートレックシリーズでお馴染みの、 言わずと知れたイケメン。 (「デカい船の船長だ」と言っているのは、そのことか?) その相棒役の […]

1 5