三味線

1/5ページ

バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番-クーラント-」(三味線版)

この記事で楽譜が完成した、 と言ってから半年以上、 ようやく動画をアップです。 これでもtake20(笑)ぐらいなのですが、 特に前半の音程が甘く、 反省しかない。 でもまぁ、バッハ愛です。 後ろに見えているチェロでも、 もちろん原曲を弾いていますが、 今後も三味線でバッハを弾くことに、 注力したいと思っております。 さて、次は何にするか…。

2021年の楽器練習目標

今年もおそらく去年同様、 楽器練習の時間が増えそうなので、 現状を振り返る意味も込めて、 目標的なものを立てておこうと思う。 何と言っても、在宅勤務で、 通勤時間がなくなったのが大きくて、 朝の勤務開始前に、 本を読んだりバッハを弾いたりすることで、 その日の気分が全然変わってくる。 世の中は決して良い状況ではないが、 自分にとってはプラスにしよう。 チェロ 去年は、半年ほどレッスンが中断したため […]

バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番-クーラント」三味線譜完成

三味線で弾くクラシック曲。 前回のマルチェロは、 ピアノ伴奏があったために、 重ね録りとチューニングに苦労したので、 今回は無伴奏を。 無伴奏といえば、バッハのチェロ組曲。 さてどの曲にしようかと悩んだが、 三味線の音域とチューニングを考えて、 まずは一番のクーラントにした。 三味線という楽器の性質上、 スラーは表現できないし、 トリルも別の装飾音(風)にせざるを得ないのだが、 何とか形にできそう […]

ようやくマルチェロ(バッハ編)「アダージョ」の三味線版演奏

以前から予告していた、 マルチェロ(バッハ編)「アダージョ」の、 三味線&ピアノ版をようやく録音した。 そもそも40代後半のサラリーマンが、 趣味でやってるno goodな演奏の上、 ・スマホの性能が悪く動画がうまく撮れない ・なぜかピアノの音を拾わず、三味線の音ばかり拾う ・三味線でドレミ音楽を弾くことの難しさ などなどの条件が重なり、 お恥ずかしいかぎりではあるが、 公開すると宣言した以上、 […]

三味線版マルチェロのその後

マルチェロの「アダージョ」 (厳密にはそれをバッハが鍵盤用に編曲したもの) を三味線譜にしたことは、 以前にここで紹介したが、その後について。 弦楽器を弾く人には分かると思うが、 ひとつのフレーズを、 「どの弦を」「どのポジションで」「どの指で」弾くか、 について色々なパターンが考えられるため、 あれこれ試しては直し、を繰り返していたら、 結構時間がかかってしまった。 最近ようやく形になってきたの […]

マルチェロ「アダージョ」(バッハ編)三味線譜完成

5月21日の日記に書いた通り、 マルチェロ「アダージョ」(バッハ編)の、 三味線譜を作ったのだけれど、 結局手書きだと汚くて読めず(汗)、 上記画像のような形にした。 この曲は、オリジナルは「オーボエ協奏曲」で、 それをバッハが鍵盤用に編曲、 それをさらに三味線用にしたわけで、 異文化交流的な楽しみがある。 三味線はメロディライン(原曲のオーボエパート)に専念し、 下のパートは自分でピアノか、 な […]

三味線練習メモ

野良三味線を決め込んでからというものは、 「津軽三味線小山貢民謡集」 「藤本琇丈民謡選集」 あとは、一曲ずつ売られている長唄の譜面(赤い表紙)が、 僕の師匠となっている。 その「津軽三味線小山貢民謡集」の、 第12集を最近買ったのだが、 そこに収められている「津軽あいや節」の手が、 なかなか凝っていて面白い。 「津軽あいや節」には、 「古調」(短調)と「正調」(長調)があり、 なぜかマイナーな「古 […]

2019年の楽器練習目標

さて年末年始も普段と変わりなく、 何となく弾き続けてきたわけですが、 まだ新年気分が抜けきらないうちに、 今年の目標的なものを立てるのも悪くないと思いまして。 チェロ これに関しては、レッスンに忠実に従って、、ということになるのですが、 バッハの無伴奏については、 弾ける曲については毎日欠かさず弾くようにする。 合奏については、正直微妙。。 三味線 以前書いたレパートリーに、あらたに「河内音頭」が […]

「河内音頭」

以前はレパートリーにしていたのに、 勿体ないことに次第に弾かなくなって、 いまではすっかり手を忘れてしまった曲が多々ある。 それがすごく後ろめたい気持ちがして、 とりあえず「河内音頭」を復活させることにした。 民謡にしては、割とダイナミックな展開がある曲で、 その分長い。つまり覚えるのが大変。 民謡系三味線は暗譜が絶対なので、 年内目標に少しずつ覚え直すことにした。     ち […]

三味線の駒の位置

西洋のヴァイオリン族の弦楽器と違って、 三味線の駒の位置は固定されていない。 が一応、音緒から指の太さ2~3本分あける、 というのが目安とされている。 自分が今の三味線を作ってもらったときは、 まだ野外のイベントで弾くことが多かったのと、 イヌの皮の問題(これは根が深い)が、 あれこれ気になっていたのとで、 本皮に限りなく近い音色が出せる、 合皮を張ることにした。 合皮だからそれほど劣化することは […]

1 5