地球科学

2/2ページ

地震の予測

地震学者は、地震計を眺めて、既に起きた地震について分析するだけで、 決して「予測」しようとはしない。 地震の予測はできなくても、被害の予測は、なぜか細かくできるようで。   これはNHKのサイトから引用した、 南海トラフ地震が起きた場合の、首都圏の死者数予測。 2,900人とか、ましてや10人とか、そんな細かい予測を出すことに、どこまで意味があるのかギモン。 そもそもこれに限らず、 地震 […]

カオシデ石

大学受験は、すでに20年も昔のこととなったが、 いまだに覚えていて、しかもいまだに使っている語呂合わせが、これだ。 カオシデ石は二畳敷き、サンジュラ伯は財産にした 地質年代の覚え方である。 すなわち、 (古生代)カンブリア紀、オルドビス紀、シルル紀、デボン紀、石炭紀、二畳紀、 (中生代)三畳紀、ジュラ紀、白亜紀 (新生代)第三紀 これらそれぞれの頭文字をとってつなげたもの。 もちろん、サンジュラ伯 […]

「スノーボール・アース」(ガブリエル・ウォーカー)

この本が出たときは結構衝撃的で、 文庫化したら買おうと思っていたら、すっかり忘れていた。 そうこうするうちに、「全地球凍結」仮説について、 この本以外の所でたびたび触れる機会が多くなり、 今回やっと「オリジナル」を読むことになった。 科学の新説に対し、賛成派・反対派の科学者たちが、 それぞれどのような反応をするのか。 そこに絡む科学者同士の葛藤を軸に、 「全地球凍結」仮説がどのような道筋を辿ってき […]