オーケストラ

2/3ページ

高田馬場管弦楽団第85回定期演奏会

  杉並公会堂は初めてだったけれど、 素晴らしいホールで驚いた。 他にも墨田区とか、最近ではパブリックの立派なホールが増えて、 アマチュアオケとしては、願ったり叶ったりだと思う。 (場所取りはたぶん激戦なのかな) そして、この日も2階まで満席。 まぁ、それぐらい実力のあるオケだから、 当然といえば当然だけれども。 ・リスト 交響詩「前奏曲」 クラシックをよく聴いてたころは、 リストといえ […]

新宿フィルハーモニー管弦楽団第72回定期演奏会

  @新宿文化センター大ホール。 さて、淡々と感想を。 ・シベリウス 交響詩「フィンランディア」 この曲を聴くのは、たぶん高校生の時以来かな。 あらためて聴くと、大した曲じゃない。 特に、中間部分で、金管と低音弦がユニゾンで動くあたり、 ちょっと苦手。 ・グリーグ ピアノ協奏曲 第1、2楽章は名曲のレベルだと思うんだけど、 フィナーレが全部ぶち壊してるよね、もったいない。 ピアノの石岡千 […]

新宿交響楽団第47回定期演奏会

  まずは「フィンガルの洞窟」。 冒頭から、なかなかメリハリを感じさせてくれる。 だけど、僕は昔からこの曲があまり好きじゃない。 あくまで個人的な感想だけれど、 焦点の定まらない絵画を見せられているような。 続いて、ボロディンの小組曲。 初めて聴く曲なので、楽しみにしていた。 オリジナルはピアノ曲で、 それをグラズノフがオケ用に編曲したとのこと。 これがなかなか、楽しくて美しい曲。 ただ […]

新宿フィルハーモニー管弦楽団第71回定期演奏会

@新宿文化センター大ホール。 オール・ベートーヴェンプログラム。 1. 序曲「レオノーレ」第3番 2. 交響曲第6番「田園」 3. 交響曲第5番「運命」 物量を誇るアマオケのプログラムが、 全部古典派というのも珍しいのだけれど、 この曲目で、しかも無料で聴けるなら、そりゃ満員になる。 あそこまで長蛇の列で並んだのは初めてかもしれない。 相変わらず、というか、最近のアマオケの演奏レベルは高い。 特に […]

オーケストラアンサンブル豊島 第15回定期演奏会(@新宿文化センター大ホール)

オール・ブラームスプログラム。 ただ、2曲目の「ハイドンの主題による変奏曲」と、 メインの「交響曲第3番」は、どちらも「ユルい」曲なので、 メインを生かすのであれば、2曲目はコンツェルトにするか、 2曲目を生かすのであれば、メインは1番か4番のシンフォニーにするか、 どちらかにしないと、ちょっとバランスが悪い。 コース料理で、淡泊なのを立て続けに出されたような感じ。 さて、1曲目のハンガリー舞曲第 […]

高田馬場管弦楽団第83回定期演奏会(@新宿文化センター大ホール)

中・高時代の先輩の所属する楽団の、年二回の定期演奏会。 会場は満員だった。 今回は、オール・チャイコフスキープログラム。 ・祝典序曲「1812年」 どんな演出があるのかと思ったら、 曲の終盤に、舞台の袖に金管奏者を7~8名立たせ、 ファンファーレを吹かせる仕掛け。 正月なので。賑やかでよい。 ・ピアノ協奏曲第1番 僕の好きな曲のベスト10には入り、 おそらく100回以上は聴いているだろうけど、 L […]

新宿交響楽団第46回定期演奏会(新宿文化センター大ホール)

例によって、新宿区民は無料で楽しめるコンサート。 チャイコフスキーは冬が似合う。 この4番目のシンフォーニーは、 大袈裟で、クドくて、自己陶酔的なところとか、 良くも悪くも、一番チャイコフスキー的だと思うわけさ。 でも、よくここまで親しみやすいメロディが、 ポンポンと出てくるよな・・・。 かといって、マーラーみたいに俗っぽくもなってない。 ※弁護すると、僕はマーラーはキライではありません。 そして […]

新宿フィルハーモニー管弦楽団第70回定期演奏会(新宿文化センター大ホール)

プロ・アマ・ジャンルに関係なく、 ライブで音楽を聴くことは、この上なく楽しい。 ましてやオーケストラなど、 家でCDを聴くことがほとんどなくなったので、 無料で聴けるこういう機会は逃さないようにしている。 ・1曲目:リスト 交響詩「前奏曲」 冒頭に持ってくるには、ちょっと重い曲かな。 チューニングのときから、 オーボエの音が若干上ずっていると感じたが、最後まで修正されず。 ・2曲目:ラヴェル 「亡 […]

大フーガ(その2)

おそらくこの記事を読んでいただいた先輩から、 フルトヴェングラーによるオケ版の「大フーガ」もいいですよ と葉書で教えていただいたので、探してみた。 1954年。ウィーン・フィルとの録音。 (先輩が指していたのは、この演奏かどうかは、分からないが。) 壮麗な弦の響きと、起伏の大きな演奏。 何ともドラマチックである。 確かに、こういう解釈もアリだと思う。いや、十分アリだ。 けれど、、、僕のこの曲に対す […]

高田馬場管弦楽団第82回定期演奏会

@川口リリア・メインホール。 尊敬する音楽の先輩の所属するオケの定期演奏会。 1.ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」序曲 2・メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」 3.ストラヴィンスキー:「春の祭典」 遅刻してしまい、1曲目は聴けず。 「イタリア」はオーソドックスな二管編成で、密度の高いアンサンブルを楽しめた。 それにしてもこの曲は、第1~3楽章までは完璧なのに、 なぜフィナーレがあれなのだろうか […]